ORTHODONTIC

矯正歯科

お子さまの歯並びを正常な成長に近づける

小児矯正の目的はお子さまの歯並びを正常な成長に近づけることです。
放っておいても正常な成長をしていくお子さまには矯正治療は必要ありませんが、様々な要因によってずれはじめた成長を早い段階で見つけて正常な方向へ導いていくのが小児矯正です。

お子さまの矯正を検討してみませんか?

矯正治療を子どものうちに始めることで永久歯を抜くことなく矯正できたり、顎の成長を整えたりできます。子どものうちから矯正を行うことで歯並びに対するコンプレックスも軽減することもできるでしょう。
 
お子さまの症状によって治療を始めるベストなタイミングは異なります。気になり始めたら早めに矯正歯科・矯正専門医にご相談ください。

噛み合わせの改善

大人の歯列矯正治療のメリットは外見の変化だけとは限りません。
実際には、健康面に及ぼすメリットも挙げることができます。良いかみ合わせを「正常咬合(せいじょうこうごう)」、悪いかみ合わせを「不正咬合(ふせいこうごう)」と言いますが、不正咬合を改善しないと頭痛、肩こり、腰痛、膝痛など全身の様々なところに影響があると言われています。また歯並びが良くなると今までは歯ブラシが届かなかったところまで、歯みがきがしやすくなり、むし歯や歯周病の予防が比較的用意になる場合もあります。さらに、食べ物をよく噛んで食べるようになるので、消化や吸収を助ける可能性があるなどのメリットがあります。

矯正をお考えの方、興味のある方・・・
お気軽にご相談ください。

矯正は大人になってからでも遅くはありません

大人の歯列矯正の大きな目的の一つとして、審美的な面での改善があげられます。子どもの頃から歯並びを気にしていたけど、費用のことや治療装置の見た目などが理由で子どものころに治療しなかった方も多いようです。
現在では、矯正治療の種類も増え、様々な装置の中から自分に合った装置が選べるようになったため、歯列矯正に対する選択肢も広がってきたと言えるかもしれません。自分の意志で美しい口元、笑顔を求めて歯列矯正に望む大人の方の歯列矯正治療は、結果の満足度も高いようで、「笑顔に自信が持てるようになった」、「コンプレックスが解消された」といった矯正治療が及ぼす精神面への効果も大きいようです。

 

矯正治療のリスクや副作用について

 
矯正治療は美しく健康的な口もとになるだけでなく,むし歯や歯周病といったお口の病気になりにくくなるなど,メリットがたくさんあります.しかしメリットだけでなくリスクや副作用も存在します.
当院ではそういったリスクや副作用についても十分にご理解いただいた上で治療を進めます.
お口の状態や歯並びによって個人差はありますが,一般的なリスクや副作用は下記の通りです.

① 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~1、2 週間で慣れることが多いです。
② 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
③ 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重 要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
④ 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まります ので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが  重要です。 また、歯が動くと 隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
⑤ 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がること があります。
⑥ ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
⑦ ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
⑧ 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
⑨ 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあり ます。
⑩ 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
⑪ 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
⑫ 矯正装置を誤飲する可能性があります。
⑬ 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する 可能性があります。
⑭ 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。⑮ 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物) などをやりなおす可能性があります。
⑯ あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
⑰ 治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えてい る骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になる ことがあります。
⑱ 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。
※日本矯正歯科学会ホームページより一部改変抜粋


矯正料金について

 
こどもの矯正治療
相談料
 無料  むし歯などの他の治療の際にも相談に応じます
検査・診断料
 45,000~50,000円
矯正基本料金 Ⅰ期
 20~30万円前後 ※症例による
矯正基本料金 Ⅱ期
 40~50万円
毎回の処置料
 3,000~6,000円
※上記料金は消費税別の表示となります。別途消費税がかかります。
※永久歯の生えそろったお子さん(主に中学生以上のお子さん)
の料金は、大人の矯正(永久歯列全体矯正)に準じます。
 
大人の矯正治療
相談料
 無料  むし歯などの他の治療の際にも相談に応じます
     むし歯など他の保険治療の希望が場合は別途費用がかかります.
検査・診断料
 45,000~50,000円
矯正基本料金
(永久歯の全体的な矯正)
 70万円前後 ※症例による
保定装置料
 40,000円
毎回の処置料
 6,000円
※上記料金は消費税別の表示となります。別途消費税がかかります。
 
 

お支払いの注意

・矯正治療の料金については、症例の難易度によって異なる場合があります。
・診断時に治療計画(治療方法、治療期間等)をお伝えします。
 それに基づいた矯正治療の料金をお知らせします。
・お支払いいただいた料金は医療費控除の対象となります。
・基本料金の支払いは分割でもお支払いいただけます。
 また、治療期間内の分割支払いにおいては、利子は発生しません。
・矯正治療に伴って抜歯処置が必要となる場合があります。その場合は別途自費診療として処置料がかかります。(1本抜歯につき5,000円+消費税)
・矯正歯科治療については各種クレジットカードでの支払いが可能です。詳細はスタッフにお問い合わせください。
・当院では一般保険診療も行なっておりますが,矯正治療と保険診療を同日に行うことは混合診療となりますので承ることができません.矯正治療,保険診療それぞれ別日で診療させていただきますことをご了承ください.