ORTHODONTIC

矯正歯科

お子さまの歯並びを正常な成長に近づける

小児矯正の目的はお子さまの歯並びを正常な成長に近づけることです。
放っておいても正常な成長をしていくお子さまには矯正治療は必要ありませんが、様々な要因によってずれはじめた成長を早い段階で見つけて正常な方向へ導いていくのが小児矯正です。

お子さまの矯正を検討してみませんか?

矯正治療を子どものうちに始めることで永久歯を抜くことなく矯正できたり、顎の成長を整えたりできます。子どものうちから矯正を行うことで歯並びに対するコンプレックスも軽減することもできるでしょう。
 
お子さまの症状によって治療を始めるベストなタイミングは異なります。気になり始めたら早めに矯正歯科・矯正専門医にご相談ください。

口唇口蓋裂の矯正治療

口唇口蓋裂の患者さんは、手術の影響により上顎の成長発育が十分でなくなる場合があり、前歯部での反対咬合(受け口)や臼歯部での交叉咬合(奥歯での噛み合わせが逆になる)となることもあります。
また、歯の本数が少なくなる場合や歯の位置が本来の位置とは異なる場合もあるため、これによって歯並びや噛み合わせに加え顔の形態にも影響します。それゆえ多くの患者さんは矯正治療によって歯を移動させたり、あごの成長を誘導したりする必要があります。これらの治療は、患者さんによって開始時期や期間などが異なるため、矯正歯科において検査をし、治療計画を医師と相談する必要があります。口唇口蓋裂の矯正治療は保険で行うことができます。
矯正歯科認定医の中でも、口唇口蓋裂の知識を持った歯科医師は少なく、患者さんそれぞのの状態に合わせて治療することが難しいことがあります。当院の歯科医師は東北大学歯学部病院の口蓋裂診療班に在籍し、藤田保健衛生大学病院の口唇口蓋裂センターに関わってきました。口唇口蓋裂についてを学んでいますので、口唇口蓋裂の患者さんのお口の中が今後どのように成長していくのか、どういった矯正治療が必要なのかなどについて個々のケースに合わせてお答えすることができます。お気軽にご相談ください。

矯正は大人になってからでも遅くはありません

大人の歯列矯正の大きな目的の一つとして、審美的な面での改善があげられます。子どもの頃から歯並びを気にしていたけど、費用のことや治療装置の見た目などが理由で子どものころに治療しなかった方も多いようです。
現在では、矯正治療の種類も増え、様々な装置の中から自分に合った装置が選べるようになったため、歯列矯正に対する選択肢も広がってきたと言えるかもしれません。自分の意志で美しい口元、笑顔を求めて歯列矯正に望む大人の方の歯列矯正治療は、結果の満足度も高いようで、「笑顔に自信が持てるようになった」、「コンプレックスが解消された」といった矯正治療が及ぼす精神面への効果も大きいようです。

噛み合わせの改善

大人の歯列矯正治療のメリットは外見の変化だけとは限りません。
実際には、健康面に及ぼすメリットも挙げることができます。良いかみ合わせを「正常咬合(せいじょうこうごう)」、悪いかみ合わせを「不正咬合(ふせいこうごう)」と言いますが、不正咬合を改善しないと頭痛、肩こり、腰痛、膝痛など全身の様々なところに影響があると言われています。また歯並びが良くなると今までは歯ブラシが届かなかったところまで、歯みがきがしやすくなり、むし歯や歯周病の予防が比較的用意になる場合もあります。さらに、食べ物をよく噛んで食べるようになるので、消化や吸収を助ける可能性があるなどのメリットがあります。

矯正をお考えの方、興味のある方・・・
お気軽にご相談ください。